アパートの備え付け家電の修理費用はいくら

アパートの修理で必要な費用と手続き

アパート備え付けの電化製品が故障したら修理費用は誰持ち?

賃貸アパートの中には、エアコンやストーブ、照明などの電化製品が備え付けられたタイプも少なくありません。
もし、こうした備え付けの家電が故障してしまった場合、その修理費用はどうなるのかきちんと把握しておかなければ損をするケースもあります。
アパートに初めから備え付けてある電化製品が故障した場合、借り主が修理費用を支払わなければいけないケースと貸し主である大家が費用を負担するケースに分ける事が出来ます。
まず、使い方に不備があった場合はほぼ100%借り主が修理費用を負担しなければいけません。
しかし、もし通常の使用をしていたのに故障をしてしまった場合は大家側に修理費用を負担してもらえる可能性が高くなります。
新しい住人がアパートを借りる前に、壁紙などは新しく張り替えるなど修理や補修が行われますが、電化製品は入居者がくる度に新しくしたり修理する事はほぼありません。
しかし、電化製品には寿命というものがありますから、新築で借りた場合と築10年目のアパートの場合では電化製品の状態も勿論違う訳です。
古くなるほど劣化し通常使用をしていても、故障する確率は高くなる訳ですから、この場合は借り主が修理費用を負担する必要はないのです。
特に築10年前後のアパートでは、新築時の電化製品がそのまま使われている可能性が高いので故障した場合は不動産屋へ連絡をしてみましょう。
不動産屋へ連絡をせずに自分達で電気屋などに連絡をしてしまうと、修理費用が自己負担になってしまいます。
このようにアパートに備え付けの電化製品が故障した理由により、修理費用は誰が負担するか異なるので注意しましょう。